2014年6月2日月曜日

第15回日本認知症ケア学会大会

みんなおいでよ!kakko-lora♪より

5月31日-6月1日
東京国際フォーラムにて
第15回日本認知症ケア学会大会』が開催されました

大会テーマは
『後世への認知症ケア』

先人たちが試行錯誤しながら私たちに残してくれた 認知症ケアが
現在のケア体系に 大きな影響を与えてくれたように

いまの認知症ケアにおける理論や実践を後世に伝えて 
未来の認知症ケアの礎としてもらおうというものです



5月31日 私もポスタープレゼンさせていただきました




内容は『気づいちゃったシート』について

これは 観察力を高めるために 
聖新会で実際に行っている取り組みなんです

成果については 一概に決めつけられないけれど
少なくとも「その人をしっかりみよう!」 という意識は上がったと
感じています

それは とても意味のあることなので
ポスターを使って お話させていただきましたが
伝わったかしら~~



翌6月1日には うちのスタッフによる ポスタープレゼン



なかなか 堂々としてると 思いません?

聖新会には『合同主任室』という部屋があるんですが
その設立経緯や効果について
現場目線での 臨場感あふれる発表を行ってました

いや~ すばらしい
って 手前ミソかしら。。。

でも そう思ったんですもん



完全手作りの ポスター発表は 至らないところもあるけど
『自分たちが培ったものを後世に伝える』というテーマにぴったりの
熱意を感じます


いろんな事業所や 研究者の発表も聞けて
とっても 勉強になった二日間でした